menu

とにかくカートを体験してみたい

“レンタル専用”コースでカートに乗ろう

あらゆる人のカート入門に最適なのが、レンタルカート。施設に常設してあるマシンをレンタルしてサーキット走行を楽しめるものだ。高価なレーシングカートを購入する必要がないので、カートの“お試し体験”にはぴったり。ヘルメットやグローブ等の装備もほとんどの施設で貸してもらえるので、手ぶらでサーキットへ行って走れるのも大きな魅力。一般的なレンタルカートは控えめな性能の“初心者仕様”になっているが、それでも遊園地のゴーカートとは別モノのスポーツ性能を体感できる。
あまり知られていないことなのだが、全国にはレンタルカート専用のサーキットがたくさんある。そういうサーキットならレースイベント開催日や貸し切り走行以外の営業時間であれば、いつでもマシンをレンタルして手軽&気軽にサーキットを走ることができる。下のリンクから、最寄りのサーキットを探して出かけてみてはいかがだろうか。
サーキットにはそれぞれ年齢、身長などの走行資格が設けられているので、お出かけの際はレンタル走行が可能な日時とあわせて、その点もホームページ等で事前にご確認を。走行の際の服装も各サーキットで各々決まりがあるが、安全のため長ソデ・長ズボン・スニーカー等のスポーツシューズ(底の厚くないもの)をお勧めしたい。

全国カートコースリスト

 

“レーシング”コースでカートに乗ろう

一般的にカートコースと呼ばれるのは、自己所有のレーシングカートでレースやスポーツ走行を行なうためのサーキットのことだ。実はこの“レーシング”カートコースでも、スポーツ走行時間の合間や終了後にレンタルカートの営業を実施している施設が多い。
こちらでも、レンタル用に用意してあるのはレンタルカート専用コースと同じ“性能控えめ・安全性高め”のマシンが一般的なので、カート未経験者でも安心して走ることができる。その上、レンタル走行の前後にはレーシングカート・ユーザーたちの楽しみ方やハイパフォーマンスな走りを見学することもできる。“純レーシング”の世界に興味を持っている人や、近くにレンタルカート専用コースがない人には、こちらがお勧めだ。
ただし、こちらのメインはあくまで“レーシング”カートの走行なので、レンタルカートの走行可能時間は限られている。「行ってみたけれど、乗れなかった」などということのないよう、レンタルカートの営業時間や走行資格などを、ホームページ等でしっかり事前チェックしておいていただきたい。

全国カートコースリスト


カート入門ガイド

カートにはどんな種類があるの?とにかくカートを体験してみたいカートショップへ行ってみようカートレース観戦に行ってみようライセンスを取得しようキッズ/ジュニアスクールでカート入門キッズ/ジュニアのレンタルカートに乗ろうカートにはどんなお金がかかるの?こんな節約法ってアリ?-ナシ?レースに参加してみようカートには夢の舞台がいっぱい!