menu

こんな“節約法”ってアリ? ナシ?

レーシングカートは高価な買い物。その費用を安く抑える方法として代表的なのは、「中古カート」と「共同所有」ではないだろうか。
「中古カート」でカートを楽しんでいる人は、実際に少なくない。ただ、その購入には十分な注意が必要だ。カートの基本骨格となるシャシーは、走行のストレスで溶接部などにヒビが入ることがよくあるのだが、そうなると性能はガタ落ちになる。また、エンジンなどに勝手な改造がしてあると、レースに参加できない場合があるし、耐久性にも問題が出てくる。中古カートがきちんとした性能を維持していて、規則に則った仕様になっているかどうかを、初心者が判別することはまず無理だろう。なので、特に初心者には、中古カートもカートショップでプロの眼鏡に適ったものを購入していただきたい。いくら安いからといって、履歴のよく分からないカートをネットオークションなどで購入することは、初心者は避けるべきだろう。
また、仲間を集めて複数でカートを購入する「共同所有」も、珍しくないやり方だ。ただし、しばらく活動を続けていくうちに個々の走行頻度や熱意に違いが生じて、費用の分担で問題が発生するケースがあると聞く。カートを共同所有する際には、最初に誰がどの費用をそれだけ負担するのかの取り決めを全員でしっかり行ない、後になって問題が生じないよう対策を講じておくことが大事だろう。


カート入門ガイド

カートにはどんな種類があるの?とにかくカートを体験してみたいカートショップへ行ってみようカートレース観戦に行ってみようライセンスを取得しようキッズ/ジュニアスクールでカート入門キッズ/ジュニアのレンタルカートに乗ろうカートにはどんなお金がかかるの?こんな節約法ってアリ?-ナシ?レースに参加してみようカートには夢の舞台がいっぱい!