FCJ 2013年シーズンをもって休止を発表

株式会社日本レースプロモーション(代表取締役社長:白井裕、所在地:東京都千代田区)は、2013年シーズンをもってフォーミュラチャレンジ・ジャパン(以下FCJ)の運営、プロモートを休止いたします。

FCJは、トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、本田技研工業株式会社のご支援、ご協力の下、「世界で活躍する有能な若手ドライバーの発掘と育成」、「日本のモータースポーツの裾野を広げ、将来を支える人材の育成」を目的に、2006年にスタートいたしました。
以来8年間、株式会社日本レースプロモーションがFCJの運営、プロモートを行い、現在までに参加したドライバーは115名。激しい戦いを勝ち抜いたドライバー達はメーカーのスカラシップを得て、上級カテゴリーにステップアップを果たし、多くの成果を残して参りました。

FCJ所期の目標は達成しましたが、一方でモータースポーツを取り巻く環境は大きく変化し、メーカー各社の若手ドライバー育成プログラムも見直されることとなり、FCJの今後について関係各社とも協議を重ねてまいりました。
その結果、FCJは今シーズンをもって休止との結論に達し、弊社といたしましては2014年から新たな若手人材育成プログラムに移行するというメーカー各社の活動方針を尊重し、上記決定に至りました事をお知らせいたします。これまでのご支援、ご協力いただきました事を厚くお礼申し上げます。

2013年6月28日
株式会社 日本レースプロモーション

フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)2013年シーズンをもって休止(PDF)

Top